山梨県立大学入試情報WEBサイト 〜5分で分かる山梨県立大学〜

卒業生の声

山梨県立大学の卒業生の声をご紹介します。

国際政策
学部卒

人に恵まれた山梨県立大学

Y.Uさん
国際コミュニケーション学科
平成30年3月卒業
国際交流基金派遣 日本語指導助手 日本美術技術博物館 勤務

現在、ポーランドの日本語学校で日本語教師をしています。在学中は、日本語教育を主専攻で学び、外国人に日本語を教えるボランティア活動に参加しました。私は、そこで出会った方々のおかげで夢を叶えることができました。山梨県立大学は、とても人に恵まれた大学だと思います。小さい大学なので、先生方も親身になって指導してくれ、地域の方々とも深く関わることができます。みなさんも、ここで様々な人と繋がり、自分を成長させてみませんか。

国際政策
学部卒

行政職員の基礎知識が学べる

H.Oさん
総合政策学科
平成28年3月卒業
山梨県庁勤務

現在、山梨県庁で、主に道路法に関する許認可事務を担当しています。在学中は行政法のゼミに所属し、行政の実効性確保手段や規制緩和などについて学び、卒業研究は構造改革特区について研究しました。現在の職場ではまさに規制行政を担当しており、大学で学んだ知識が仕事の中で活かされることが多くあります。法律や経済学等は行政職員に必要不可欠な知識であり、これらを総合政策学部で学べたことは、私の大きな礎となっています。

国際政策
学部卒

学業と海外経験を積むことに専念

M.Sさん
国際コミュニケーション学科
平成29年3月卒業
ファナック株式会社

忍野村にあるファナック株式会社で、私は製品の輸出管理業務に携わっています。在学中は、学業と海外経験を積むことに専念していました。大学を通じてブラジルに短期留学に行ったり、イギリスの現地演習に参加したりしました。好きなことを起点に何にでも挑戦し、活動してきた経験が今の自分に活かされています。県大にはそんな自分のスキルを伸ばせるチャンスがたくさんあります。みなさんも今の内に興味のあることにはどんどんチャレンジして、自分を磨いていってほしいです。

人間福祉
学部卒

大学で学んだこと

M.Aさん
福祉コミュニティ学科
平成29年3月卒業
川崎市役所 勤務

私は現在、川崎市で子どもたちの生活を支援する仕事をしています。大学ではたくさんの経験をさせてもらいました。その中でも授業や実習で学んだ人とかかわるときの姿勢は、日々の仕事を振り返るための材料にしています。山梨県立大学ではサークルや実習、ゼミなどで、いろんな経験をする機会があると思いますのでぜひ活かして、楽しい大学生活を送ってください。

人間福祉
学部卒

大学で得たもの

A.Wさん
福祉コミュニティ学科 
平成27年3月卒業
相模原市役所 勤務

現在私は、市役所で生活保護ケースワーカーとして働いています。大学入学当初、将来が定まらず悩んでいましたが、社会福祉を学び、人と関わり社会の役に立つ仕事に就きたいと思い市役所を選択しました。業務に追われ上手くいかないこともありますが、大学で学んだ「寄り添う支援」「自分の限界を自覚すること」「ぶれない信念」を胸に、日々多くの人と向き合っています。先生方を初めとして大学での出会いに今も助けられています。

人間福祉
学部卒

大切な将来と仲間と向き合えた4年間

R.Oさん
人間形成学科 
平成29年3月卒業
甲斐市立双葉東小学校 勤務

保育士を目指して入学しましたが、大学で教員の道に出会い、今は小学校教員として子どもたちと充実した日々を送っています。大学では、子どもと触れ合う授業だけではなく、音楽や造形表現など面白い授業がたくさあります。大学の雰囲気も良く、みんなが仲良しで和気あいあいとしています。この学科で一生大切にしたいと思える仲間や先生に出会い、4年間で得た知識は社会に出て役に立っていると感じます。皆さんも、子どものことや自分の将来と向き合い、充実した大学生活を送ってください。

人間福祉
学部卒

大学生活を通して得たもの

M.Fさん
人間形成学科
平成29年3月卒業
認定こども園聖愛幼稚園 勤務

人間形成学科は学生同士や先生方との繋がりが深い学科です。そんな環境の中で様々な活動を通し、多くの知識や考え、刺激に触れることができました。今、私は実習でお世話になった山梨のこども園で働いています。園の方針や先生方の雰囲気に魅力を感じ、地元には戻らず山梨での就職を決めました。日々の保育でまだまだ悩むことも多く試行錯誤の毎日ですが、そんな時は大学で得た経験が力を貸してくれます。みなさんもこの大学でたくさんの経験をしてみませんか?

看護
学部卒

人として大きく成長させてくれる場所

Y.Yさん
平成30年3月卒業
地方独立行政法人山梨県立病院機構 山梨県立中央病院 看護師

私は平成30年度から看護師として勤務しています。就職後、慢性期及び救急領域のある病棟へ配属となり、複数の領域の知識が必要となるため、忙しくも充実した日々を送りながら業務に励んでいます。県立大学は人との交流がとても活発です。勉学は勿論、人間関係においても学べることが数多くあり、人として大きく成長させてくれる場所です。そしてそれが人と触れ合う機会の多い看護師という職をする上で役立っていると感じています。仲間との充実した学生生活を送るなら是非山梨県立大学へ。

看護
学部卒

あたたかい先生方と恵まれた環境

E.Oさん
平成27年3月卒業
地方独立行政法人山梨県立病院機構 山梨県立中央病院 助産師

進学を機に大分から山梨へ引っ越し、助産師になって4年目になります。臨床に出て感じる山梨県立大学の魅力は、助産師や保健師、養護教諭へ進むという選択肢が持てたことと、卒業後も続く先生方との関係が築けたことです。在学中にお世話になった先生方の存在は、臨床に出た今でも、心強い支えとなっています。受験生の皆さん、初めての環境に対する戸惑いや将来への不安、色んな気持ちがあると思います。あたたかな先生方と豊かな環境の中で、一緒に学んでみませんか。

看護
学部卒

心強い仲間と出会える大学

N.Hさん
平成24年3月卒業
峡東保健福祉事務所(峡東保健所)健康支援課 保健師

山梨県の保健師として働き始めて7年目になります。今の職場での個別支援は難病患者さんが主で、支援者との連携の大切さを日々感じています。看護師を目指して県立大学に入学しましたが、様々な講義、実習などを通して、保健師業務に興味をもちました。同級生の大多数が看護師として就職する中、行政の保健師を目指す人は少数派でしたが、先生方の支援を受け、仲間と励まし合って今に至ります。就職してからも先生方は応援してくれますし、職場や職種は違っても大学で得た仲間は今でも心強く思います。